コンタクトレンズは目に直接のせて使用するものです。使用方法を誤ると角膜に傷をつけたり、目の病気につながることがあります。コンタクトレンズを使用する場合は、眼科医の指示に従い、正しい取り扱い方法を守って下さい。

コンタクトレンズを使用する際の注意点
まず眼科専門医の常勤するクリニックを受診してコンタクトレンズの説明を十分に受けてください。
使い捨てソフトレンズではお試しの装用ができます。取り扱い方法(装着時間・レンズケア等)をきちんと守り使用してください。
眼科専門医の定期検診は必ず受けてください。
気づかないうちに、目やレンズに傷がついたり、障害が進行していることがよくあります。異常が無くても眼科医に指示された通りに、定期検診を必ず受ける必要があります。
通常の視力検査やコンタクトレンズと角膜の状態を調べる検査だけでは目の健康を保てない場合もあります。コンタクトレンズで稀に角膜の透明性を保つ細胞層 にダメージが生じることがあります。このような状態を診断するのは角膜内皮撮影装置で定期的に調べる必要があります。状況によってはコンタクトレンズ装用 の中止をお願いすることもあります。
また緑内障、白内障、さらに網膜剥離などの眼底病変の検査も眼科クリニックで眼科専門医の定期検査を受ける必要があります。
少しでも異常を感じたら直ちに眼科医の指示を受けてください。
『目やにが増えた。』『充血した』などなど、いつもと違う症状が出た時には要注意!! 眼科医の検査を受けたほうがよいでしょう。
コンタクトレンズには多種多様なものがありますから、自分の目に合ったコンタクトレンズを選ぶことが非常に大切です。眼科クリニックで相談しながら、最適なコンタクトレンズをお選びください。
コンタクトレンズメーカーのホームページ案内
SEED
Johnson&Johnson

近視の矯正法として、眼鏡、コンタクトレンズ以外に、レーシック手術が注目されています。エキシマレーザーで角膜の一部を削り取る手術です。長期の 経過には不明な点もありますが、最近では極めて正確な手術が行われています。当院では、南青山アイクリニック、品川近視クリニックの提携クリニックとして、術前の検査や術後の経過観察を担当しています。