緑内障は、白内障と並んで目の病気の中では発生率の高いものです。特に、中高年に多くみられ、40歳以上の約30〜40人に1人は、緑内障だという報告もあります。緑内障は、眼圧が上昇し、外界のイメ−ジを脳へ伝える神経(視神経)がおかされる病気です。その結果、視神経からの情報が脳に伝わらなくなるために、視野欠損、視力低下を引き起こします。

緑内障の視野欠損
初期 中期 末期
初期 中期 末期 初期症状としては、視野が一部狭まり、さらに進行すると全く見えない部分(暗点)がでてくるようになります(特に視野の中心近くにこの暗点が現れます)。 敏感な人はこの暗点に気づくこともありますが、ほとんど視力に影響しないので、視野検査をするまでわからないことが多いようです。この視野の狭まりや、暗 点は放っておくとどんどん進行していって大きくなり、ついには視力も低下して、失明に至るので注意が必要です。

なぜ眼圧が高くなるのでしょうか?
緑内障と診断するには眼圧の高さが重要な基準となりますが、なぜ眼圧が高くなるのでしょうか。
目に触ると、一定の弾力性があるのがわかります。これは、目の中で絶えず房水と言われる透明な液体が循環していて、目がやわらかくなり過ぎたり(低眼 圧)、固過ぎることのないように(高眼圧)、調整されているからなのです。房水は、毛様体という所で作られ、角膜(黒目)と虹彩(茶目)の境にある排水路 (隅角)から目の外へ流れ出ます。この排水路はわずかな隙間しかないため、様々な原因で閉鎖されたり、排水路自体の機能が悪くなったりして、房水が流出し にくくなることがあります。こうして房水の流れが滞り、眼圧が高くなるのです。


閉塞隅角緑内障
房水の排出口が、虹彩の根元で塞がれてしまうタイプ。このタイプは、何かの拍子に虹彩の根元が突然排出口を塞ぎ、房水の流れを止めるので、眼圧は急激に上昇します。=急性緑内障

急激に眼圧が上昇するため、目が痛み出し、激しい頭痛や吐き気、嘔吐を引き起こします(急性閉塞隅角緑内障の発作)。また、視野欠損や視力低下、目の充血の症状も出てきます。

薬によって一時的には眼圧は下がりますが、隅角の閉塞は治りません。根本的な治療には、虹彩に穴をあけ、目の中の水の流れのバイパスを作るレーザー虹彩切開手術が必要です。
開放隅角緑内障
房水の出口は狭くないのに(開放隅角)、水の循環が滞ってしまうタイプ。
出口は塞がっていないのに、排出路の機能自体が悪く、うまく目の外(眼の外にある血管の中)へ房水が流出しないために起きます。

これといった自覚症状がないまま何年もかけて、徐々に進行していきます。知らないでいると徐々に視神経の障害が進み、視野欠損が現れてきます。そのため、気がついたころには「危機的状況」という場合があります。早期発見、早期治療が大切です。

眼圧を下げる点眼液での治療が第一選択です。ここ数年緑内障治療薬の進歩は目を見張るものがあります。どうしても効果のない場合に手術します。最近では選択的レーザー線維柱帯形成術が注目されています。
最近「正常眼圧緑内障」といって、眼圧が正常か、やや高い値でも緑内障になるケースが増えています。日本人の緑内障患者の60%が基準値内である正常眼圧緑内障だともいわれています。自覚症状はほとんどありませんので、定期的に検査をして早期発見し、危機的状況を未然に防がなければなりません。
緑内障は眼圧検査、眼底検査、視野検査、前房隅角検査等で診断されます。また最近は網膜断層撮影で網膜の厚さを正確に測定して診断の一助にしています。
※ 正常な眼圧値は、平均10〜20mmHgだとされています。ただ、眼圧は毎日変わり、1日のうちでも上下します。また、眼圧には個人差があるため、平均 より高い値でも、それがその人にとって正常な眼圧であることもありますし,平均より低い値でもその人にとっては眼圧が高く緑内障となることもあるわけで す。そういった点で非常に判断の難しい病気といえます。
緑内障は高血圧とか糖尿病などと似た病気であり、生涯にわたっての管理が必要となります。もちろん、薬や手術によって眼圧が正常内に安定し、視野の欠損な どの視神経障害が進行しなくなれば一応治った状態にはなります。ただ眼圧が下がったからといっても、薬によって安定しているわけですから、やめればまた悪 くなりますし、レ−ザ−治療、手術を受け眼圧が低下しても一生その効果が維持されるとは限りません。緑内障は、早期発見・早期治療で失明を防ぐことができ ます。1年に1回は眼科の検診を受けることをおすすめします。

緑内障にならないためにも、普段の生活でどのような点に気をつけたらいいですか?
・首を圧迫するような服装は避けること
・過度に興奮したり、イライラすることがないよう、ストレスのたまらない生活を送る努力をすること
・1度に大量の水分(1リットルくらい)を取らないこと
・喫煙はやめること
・定期的に眼科の検診を受けること。眼鏡を作る際には眼科医を受診しましょう。眼科医は必ず緑内障のチェックをして、眼鏡を処方いたします。
緑内障で目は痛くならないのですか?
慢性緑内障では目は痛くなりません。ただ、「急性緑内障発作」が起きたときには強い頭痛が続きます。緑内障と診断された方は「急性緑内障発作」を起こしやすい目かどうかを医師に確かめた方がいいでしょう
急性緑内障(閉塞隅角緑内障)は予防できるのでしょうか?
YAGレーザー装置
予防的な治療ができます。予防的にレーザーによる虹彩切開術をしておくとほぼ発症を抑えることができます。眼科専門医なら急性緑内障になりやすい目を診断するのは容易です。
予防的なレーザー虹彩切開術の重篤な合併症として、眼底治療用アルゴンレーザーで治療した際に、稀ですが、水泡性角膜症の発生が指摘されています。一旦生じると角膜が混濁し角膜移植が必要になることもあります。このような合併症は、虹彩切開専用のYAGレーザーを使用することで防ぐことができますので、必ず治療を担当する眼科医に確認してください。
当院ではYAGレーザーを虹彩切開に使用して重篤な合併症を防いでいます。